読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石井 豊

浦和学院から明治大学に進学すると、2年生時からセンターバックとして活躍。4年時に同校の関東大学サッカーリーグ一部復帰に貢献し、二部リーグのベストイレブンに選出された。

大学卒業後は鳥栖フューチャーズに入団。DFながら強烈なフリーキックで得点を挙げるなど活躍したが[1][2]、チーム解散の憂き目にあい、東京ガス(後のFC東京)へ移籍。4バックを採用していた東京ガスではサイドバックでも起用され[2]、攻撃参加時にはしばしば豪快なロングシュートを放った[2]。

引退後は4年間、母校の浦和学院高校サッカー部コーチを務め[1]、2003年からFC東京に普及部コーチとして復帰。2005年に日本サッカー協会公認B級ライセンス取得[3]。2006年からは強化部に入り選手スカウトを担当する。明治大学の後輩にあたる長友佑都Jリーグ特別指定、在学中でのプロ入りに尽力した一人[4][5]。2015年からはFC東京の強化部長に就任した。