読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレッド・ホイバーグFredrick Kristian Hoiberg,

1995年のNBAドラフト2巡目でインディアナ・ペイサーズに指名されて入団した。ペイサーズで4シーズンプレーした後、1999年、大学時代のヘッドコーチ、ティム・フロイドがヘッドコーチを務めるシカゴ・ブルズに加入した。ブルズでも4シーズンを過ごし、フリーエージェントとなった2003年7月28日に、ミネソタ・ティンバーウルブズと契約を結んだ。2004-2005シーズン、3ポイントシュート成功率NBAトップになったが、NBAオールスターウィークエンドに行われたNBAスリーポイントシュートアウトには招待されなかった。

2005年6月、大動脈基部肥大手術を受けた。手術は成功したが、選手としては復帰せず、ウルブズのフロントに入った。2006年4月17日、ウルブズを退団した。

 

2010年4月27日、アイオワ州立大学に就任した。2011-12シーズン、チームは前年より9勝多くあげて、23勝11敗でNCAAトーナメントに2005年以来7年ぶりに出場した。チームはまた7年ぶりにAP通信が選ぶ全米ランク25位以内に入り、ホイバーグはビッグ12カンファレンスの最優秀コーチに選ばれた。

2013年4月、10年2000万ドルでアイオワ州立大学との契約を延長した。この契約には他の大学に移る場合、200万ドルでバイアウトできる条項が入っており、NBAのヘッドコーチかゼネラルマネージャーに就任する際は、50万ドルでバイアウトできる契約となっていた。

2015年6月2日、シカゴ・ブルズのヘッドコーチに就任することが発表された[2]