読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アール・ボイキンスEarl Boykins

2006年12月19日、ナゲッツは大物選手であるアレン・アイバーソンを獲得。これに伴ってボイキンスはジュリアス・ホッジと共にスティーブ・ブレイクとの交換でミルウォーキー・バックスに放出されることになった。ボイキンスはトレードに出されるまでの10試合を、彼と同じく小柄な選手の代表格であるアイバーソンと共にプレイしたが、2人は効果的なコンビプレイを見せ、ボイキンスはこの10試合中8試合で20得点以上をあげていた。そして1月10日のサンアントニオ・スパーズ戦を最後に、4シーズンプレイしてきたチームを去った。

チーム成績が低迷しているバックスでは得点力を期待され出場時間はさらにアップ、先発に起用される機会も増えた。移籍後2試合目ではさっそく30得点をあげ、1月27日のサクラメント・キングス戦ではキャリアハイとなる36得点、4月6日のアトランタ・ホークス戦でも同じ36得点をあげた。

シーズン終了後、プレイヤーオプションを行使してFAとなったが、どのチームとも契約を結ぶことができないまま07-08シーズンは始まってしまい、半分が過ぎた2月にようやくシャーロット・ボブキャッツとの契約に成功した。

2008-09シーズンは、イタリアセリエAのヴィルトゥス・ボローニャにイタリアリーグ史上最高額の契約で入団。1シーズンプレーした[3] 。

2009年11月11日、ワシントン・ウィザーズと契約した。

2010年8月19日、ミルウォーキー・バックスと1年契約を結んだ。

2012年3月26日、ヒューストン・ロケッツと契約を結んだ[4]。