読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルーベン・ボイキンRuben Eugene Boykin jr

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身[2]。ノーザンアリゾナ大学卒業後、ポーランド、イタリア、ギリシャで競技生活を送った。

そのうち、2011年から2012年のシーズンはギリシャ一部リーグのコロッソス・ロドウ(英語版)で35試合に出場し、1試合平均8.8点と4.7本のリバウンドを挙げてチームのプレイオフ・セミファイナル進出に貢献した[3]。

また2012年から2013年にかけてはポーランドトップリーグのアンウェル・ウォロクラウィック(ポーランド語版)に所属し42試合に出場。1試合平均得点7.7点とリバウンド5.8本を記録し、チームをプレイオフ・セミファイナルに押し上げた[3]。

2013年7月に秋田との契約が合意に達し、2013-14シーズンは秋田でプレイ[1]。ヘッドコーチの中村和雄に得点源としての働きを期待されたボイキンは、9試合で20点以上獲得するなど1試合平均13.9得点を挙げ、またリバウンドもリーグ最多となる同13.5を記録した[4]。2014年3月23日の埼玉ブロンコス戦では18得点14リバウンド、10アシストのトリプルダブルを達成 [5]。ジャパンタイムズ誌はボイキンをチームの要と評した[4]。

2014-15シーズン、ボイキンはドイツのMHPリーゼン・ルートヴィヒスブルク(ドイツ語版)に移籍する予定であった[6]が、これはシーズン開幕前に見送られ、ボイキンは秋田に復帰した[7][8]。

2015-16シーズン、ボイキンはドイツのBGゲッティンゲン(ドイツ語版)に移籍した[9]。

バスケットボール選手のジャーマル・ボイキンは弟[2]。