読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リンジー・ハンターLindsey Benson Hunter Jr.,

ジャクソン州立大学でプレイした後、1993年のNBAドラフトにおいて、デトロイト・ピストンズから1巡目10位で指名された。ピストンズではグラント・ヒルと共にチームの主力として活躍した。2000年から3シーズン、ミルウォーキー・バックストロント・ラプターズロサンゼルス・レイカーズでプレーし、レイカーズで2002年NBAファイナルに出場し優勝を経験した。

2003-04シーズンは3シーズンぶりにピストンズに復帰。2004年2月、チャッキー・アトキンスと一緒にボストン・セルティックスにトレードされたが、セルティックスでは1試合もプレーせず、10日後にピストンズと再契約した。再契約後もチームの重要な控え選手としてその年のNBAファイナル優勝に貢献した。

2008年にシカゴ・ブルズと契約し、大ベテランとして若いデリック・ローズの指南役を買っていた。2010年3月3日にブルズから解雇され、その2日後にブルズの選手育成アシスタントに就任した。

2012-13シーズンは、フェニックス・サンズのアシスタントコーチを務め、シーズン途中から暫定ヘッドコーチは務めた。また2013-14シーズンは、ゴールデンステート・ウォリアーズのアシスタントコーチを務めている。