読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブライアン・スカラブリニ Brian David Scalabrine

ワシントン州の高校から同州の短大に進学した後、1997年に地元の南カリフォルニア大学に転校。2001年のNBAドラフトでニュージャージー・ネッツから35位で指名されてNBA入り。2巡目指名だったことで立場が保証されていなかったが、見事に開幕ロースターを勝ち取る[1]。入団から2年連続でNBAファイナルを経験し、4年間在籍した後、2005年にボストン・セルティックスと5年1500万ドルの契約を締結[2][3]。2008年には、スカラブリニ自身はプレーオフ出場はなかったものの、NBAチャンピオンを経験。翌2009年のプレーオフは、レオン・ポウが右膝の重傷を負ったこともあり、12試合に出場機会が与えられた。

2010年夏、セルティックス時代にアシスタントコーチとして指導を受けたトム・シボドーがヘッドコーチに就任したシカゴ・ブルズに移籍[4]。2シーズンプレーした後引退した。