読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャック・コールマンJack Colmen

1957年のファイナルでは当時最高峰のディフェンダー、ビル・ラッセルの餌食となった。ホークスとボストン・セルティックスのシリーズは第7戦までもつれる激戦となり、第7戦も試合時間残り1分で101-100とホークスが僅か1点をリードする接戦となった。この場面でチームはコールマンにボールを託し、コールマンはレイアップを打とうとしたが、ラッセルによってブロックされ、逆にカウンターを食らって土壇場で逆転を喫した。結局試合はオーバータイムまでもつれた末に、ホークスの敗北となり、優勝も逃した。コールマンがブロックを決められた瞬間、実況は「Blocked by Russell! Blocked by Russell! He came from nowhere!(ラッセルがブロック!ラッセルがブロック!彼は何処からともなく現れた!)」と叫んだ。このシリーズでコールマンは第1戦でチームを勝利に導くシュートを決めるなど活躍していたが、皮肉にもこのラッセルによるブロックが"コールマン・プレイ"としてコールマンの最も有名なプレイとなってしまった。翌1958年のファイナルではセルティックスにリベンジし、2度目の優勝を遂げて引退を迎えた。