読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョージ・カールGeorge Matthew Karl

カールはNBA時代のスパーズのアシスタントコーチとなる。2年後に、CBAのモンタナ・ゴールデンナゲッツ(グレートフォールズ)のヘッドコーチとなる。カールは2回、最優秀CBAコーチを獲得した。1983年にクリーブランド・キャバリアーズのフロント入り、1984年に正式にヘッドコーチとなる。67試合采配を振って辞任。その後、ゴールデンステート・ウォリアーズのヘッドコーチを務めるも2年目で解任。この時代、コーチとして結果を残せなかった。再びCBAのオールバニ・パトルーンズで4年間コーチに就任。

カールは1991-1998年からのシアトル・スーパーソニックスのヘッドコーチとしてNBAに戻る。1991-92年のシーズン途中の20勝20敗から就任して47勝35敗の成績でプレイオフに出場する。ゲイリー・ペイトンとショーン・ケンプを中心に1992-1998までの6年間は55勝以上し、1994年にはウェスタン・カンファレンス第1シードであったもののプレーオフ1回戦で第8シードのデンバー・ナゲッツに敗れた。NBAプレーオフで第1シードが第8シードに敗れたのはこれが初めてであった。その後1996年にはNBAファイナルまで進んだが2勝4敗でシカゴ・ブルズに敗れた。このファイナルでは第3戦まで守備のスペシャリストのネイト・マクミランを欠いた。