読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイル・アンダーソンKyle F.Anderson

2012年から2014年まで、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)[3]で2シーズンプレーし、71試合に出場し、平均12.2得点、8.7リバウンド、5.0アシスト、フィールドゴール成功45.2%、3ポイント37.5%の記録を残した。2014年、オール・パシフィック12カンファレンス・ファーストチームに選出された,

2014年6月26日、NBAドラフト、1巡目30位でサンアントニオ・スパーズに指名された[4]。20位台での指名が予想されていたが、自らのプレースタイルに最もマッチしているスパーズに指名されたことを上位指名以上に喜んだ[5]。

2014–15 シーズン は、2014年11月6日のロケッツ戦で、初出場を果たし、4得点、8リバウンド、4アシスト、2スティールの記録を残した[6]。初スターター出場は、同年12月11日のネッツ戦で、9得点、5リバウンド、3アシスト、2スティールを記録した[7]。ルーキーシーズンは度々、Dリーグのオースティン・スパーズに加わり[8]、実戦経験を積み、2月9日、週間優秀選手に選ばれ[9]、2月の月間優秀選手に選ばれた[10]。 2015年のサマーリーグでは、好調を維持し、チームの勝利にも貢献しラスベガスにおいてサマーリーグを制しMVPに選出された。[11]。